内服薬と外用薬の即効性の違い

プロシアやフィンぺシアはとても効果の高い育毛剤ですが、同じレベルでの効果でしたら低価格の分プロスカーの方がお勧めです。
ただプロスカーはジェネリック医薬品ではありません。
ジェネリック医薬品に抵抗があり、安く購入したい人には最適です。
プロスカーは内服タイプの薬ですが、育毛剤には直接頭に塗布する外用タイプと、錠剤などを服用する内服タイプがあります。
育毛剤に限らず、一般的に薬品は外用よりも内服の方が即効性として優れていると言われています。
皮膚から吸収するよりも口径摂取して体内に摂り入れる方が吸収されやすい為です。
ただし、効き目と同時に注意しておきたいのは、内服薬には副作用が存在するという事です。
効き目が強いという事はそれだけ副作用の出る可能性も高いという事になります。
副作用のリスクを減らしたいという人は内服タイプは避けるべきかもしれません。
内服薬は即効性が期待できますが副作用と共に内臓への負担も懸念されるので心臓や肝臓、腎臓といった各内臓に疾患があったり、弱いという人は外用薬の方が安心出来ます。
そういった点では初めて使うという人には使いやすいかもしれません。
またかかりつけの医師がいる場合には相談しておく事が良いでしょう。
即効性という点では内服薬の方に分がありますが、それでも最低3ヶ月間以上の使用継続が大切です。
育毛剤の販売会社は大抵半年以上の使用を薦めています。
髪の毛が生え変わるサイクルを考えれば3ヶ月以上という期間は必須であり、中でも育毛剤はとにかく継続が大切なのです。
ただ育毛とは個々人のヘアサイクルによって変わるので、どのタイプの育毛剤を使っても効く効かないがあり、体質や生活環境などによっても結果が変わってしまうので、そういった意味では内服薬と外用薬の即効性の違いというのはそれ程顕著に分かるものではないのかもしれません。