プロスカーの効果とは

プロスカーは元来では前立腺肥大症の治療のために作られた薬となっていて、フィナステリドが含まれている錠剤です。
フィナステリドはプロペシアにも含まれている薄毛治療に使われている有効成分となりますので、AGA治療薬としても用いられてます。
DHTという男性型脱毛症の原因となってしまう物質について、抑制する効果がありますので薄毛治療に役立ちます。
プロスカーの特徴としては、フィナステリドが5mg含まれていることを挙げることができて、AGA治療の効果を得るために使用するのであれば1mgほどの量で十分であると言われています。
それ以上の量を使用したとしても、AGA治療としての効果は上がらないことがわかっています。
多くの量を使用してしまうと耐性が付いてしまったり、副作用を招いてしまうことも考えられますので、プロスカーの使用は4分割して使うことが原則です。
プロスカーはジェネリックと比較すると高価な値段ということになりますが、4分割することを考えるとプロペシアと比較してかなり安いものとなります。
ジェネリック医薬品ではなりませんので、正規品を使用したい人に人気のある医薬品ということになります。
プロスカーは毛根細胞が生きている人の場合には、効果が現れやすいものとなっています。
プロスカーの副作用として知られているものとしては、性欲の減退や勃起障害、肝機能障害などがあります。
プロスカーを分割しないでそのままの形で服用すると、プロペシアによりも副作用が出る影響が大きくなりますので、服用の際には注意が必要になります。
副作用が発生したときには、速やかに使用を中止しなければなりません。
副作用が出てしまったときには、服用を中止することで改善します。
購入の仕方としては、個人輸入を行って購入する方法が一般的であると言えます。

プロスカー」情報参考サイト